レジスターが発揮する利便性高い機能、利用する利点

需要と共有のバランスが良いビジネスを展開しよう

飲食店で多く導入

チェーン店では導入しています

飲食店のレジではPOSシステムを導入している店舗が多くあります。POSシステムは通常のレジ機能に加え、各種の情報を管理するもので、どのメニューがどのくらい注文があり、どのくらいの売り上げ化なども、このシステムが管理しています。 POSシステムの導入は、販売管理、経営管理に連動させるもので、本社にデータを送るためのものでもあり、チェーン店では100%導入しています。 飲食店でのPOSシステムも、非常に普及したため基本機能のシステム価格は安く購入することができ、数十万円程度で導入することも可能です。 ただし、使用する店舗数や、機能を追加したりするカスタマイズ費用は別途必要になるので、数百万円を超える場合もあります。

電話報告からPOSシステムへ

飲食店のチェーン店の場合、昔は売り上げ報告などは電話で行っていました。それがFAXになり、メールになり、POSシステム導入へと遷移しました。 POSシステムは、それまでの売り上げ情報だけではなく、来店客数、来店組数、各メニューごとの注文数、在庫が存在する商品の場合は在庫数、来客ごとの接客担当者など、これまで絶対に把握するのに時間がかかったことを、瞬時にわかるようにしてくれました。また、在庫などの状況から発注まで行ってくれるのです。 このため、飲食店舗での管理コストは大幅に減らすことに成功しました。管理コストをカットできた分、スタッフの福利厚生に充当したり、お客様に喜んでもらえる新商品開発に投資できるようになりました。飲食店においてもPOSシステム導入は、改善を推進した立役者となりました。